空き家売却

空き家にかかる税金・維持費がいくらか知っていますか?

スポンサードリンク

投稿日:

空き家を所有していると、実際には使用していなくても維持費がかかり続けます。

この維持費がいくらかかっているのか、計算してみたことはありますか?

税金や管理にかかる金額を合計すると、びっくりするような金額になっているかもしれません。

今回は空き家の維持費の主な項目をご紹介していきます。

空き家にかかる税金とは

空き家であっても不動産を所有している場合、「固定資産税」が課税されます。

さらに都市計画区域内であれば、「都市計画税」も支払わなければなりません。

「固定資産税」「都市計画税」ともに、課税対象は毎年1月1日時点の所有者です。

市区町村が納税額を計算し、納税義務者に通知します。

これらの税額は、固定資産税評価額に対する税率によって計算されます。

固定資産税評価額は地価公示価格の7割程度の水準を目安にしており、評価替えは3年に1度です。

固定資産税=課税標準(固定資産税評価額)×1.4%(標準税率)
都市計画税=課税標準×0.3%(制限税率)

税率は条例で地方公共団体ごとに自由に定められます。一般的な自治体は上記の税率ですが、詳しくは所在する自治体にご確認ください。

空き家対策特別措置法の影響

住宅用地(住宅が建っている土地)に関しては、課税標準が軽減される「住宅用地の特例」という制度が用意されています。

固定資産税 小規模住宅用地(200平米以下の部分) 課税標準×1/6
固定資産税 一般住宅用地(200平米超の部分) 課税標準×1/3
都市計画税 小規模住宅用地(200平米以下の部分) 課税標準×1/3
都市計画税 一般住宅用地(200平米超の部分) 課税標準×2/3

これまでは空き家であっても住宅が建っていれば、この軽減措置が適用されてきました。

そのため使わない住宅であっても、軽減措置を受けようとあえて解体せずに残している人がいました。

ところが2015年に施行された「空き家対策特別措置法」によって、今後は管理が不十分な空き家は軽減措置が受けられなくなる可能性があります。

参考:空き家の税金が上がる!? 固定資産税が何倍にもなる「特定空き家」とは?

この法律では改善命令以上の処分を受けると、軽減措置の特例対象から除外されることが定められているのです。

空き家にかかる維持費とは

空き家には税金以外にも、次のような維持費がかかります。

光熱費

電気やガス、水道などのインフラを使い続けている場合には、光熱費がかかります。

使用料はそれほどかからないとしても毎月基本料がかかるので、年間の合計額はバカになりません。

例えば東京電力の「従量電灯A」では最低料金が231円55銭。

東京ガスの基本料金は745.2円、東京都水道局の基本料金は860円かかります。

基本料金の合計だけでも、年間で約2万2千円かかる計算です。

管理費・修繕積立金(マンションの場合)

マンションであれば、所有している限り管理費や修繕積立金を負担しなければなりません。

それだけで毎月数万円の負担になります。

しかも修繕積立金は、築年数が経過するにつれて増額する傾向にあります。

所有期間が長くなれば、維持費の負担がより大きくなるのです。

庭の手入れ(一戸建ての場合)

一戸建て住宅の場合は庭の手入れも必要になります。

草刈りや庭木の剪定のために、人を雇わなければならない場合もあるでしょう。

自分でこれらを行うにしても、草刈り機や除草剤、剪定道具などの購入は必要です。

近年では空き家の増加に伴い、これらの維持管理を請け負う専門業者も増えてきました。

サービス内容によって、利用料金はさまざまです。

一戸建て住宅の場合、これらの管理を怠って住宅が劣化したりその敷地が荒れたりすると、空き家対策特別措置法の対象となる恐れがあります。

交通費

管理作業を自分で行うにしても、空き家に通うための交通費が毎回かかります。

定期的に管理作業を行うことを考えると、交通費の負担もバカになりません。

まとめ

今回は空き家の維持に必要な税金や管理費用の負担を、まとめて考えてみました。

こうして書き出してみると、思いのほか金額的な負担も大きいことがわかりますね。

空き家対策特別措置法が制定されたため、今後は使わない空き家であっても手間と費用をかけて管理しなければ、税金の負担は増えていきます。

何となく所有している状態の空き家であれば、解体工事をしたり、売却したりといった処置を考えましょう。

解体工事をして更地の状態にすれば、売却したり新たな住宅用地にしたりと選択肢も広がります。

解体工事や売却の際の仲介では、一括見積もりサイトや一括査定サイトを使って複数の業者を比較して選びましょう。

よく読まれている記事

1
網戸の張替えは業者に依頼する? 自分で行う? 違いを徹底比較

夏になると害虫対策に大活躍する網戸。 張替えてしばらくすると、紫外線や外気の影響で樹脂が傷んで破れやすくなってきます。 穴が開いた網戸では虫やホコリが防げないため、早めに張替えなくてはなりません。 網 ...

2
空き家を購入した際は、排水管のクリーニングを必ず行いましょう

中古住宅を購入してリノベーションする工事も、今やすっかり一般的になりました。 リノベ用の物件として、しばらく空き家だった家を購入する方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ただ、空き家を購入した際は、 ...

3
【要注意!】鳥の巣は勝手に除去しちゃダメ! 正しい撤去方法と費用まとめ

鳥の巣は、わずか10日ほどでできることをご存じでしょうか? 「最近鳴き声がうるさいな」などと思っていると、気が付くと鳥の巣が複数できているケースも珍しくありません。 鳥の巣ができてしまうと、フンや泥な ...

4
空き家解体にかかる費用相場およびトラブルを避ける方法を教えます。

空き家の管理には多くの負担がかかります。空き家対策特別措置法の施行にともない、管理の負担はますます深刻になりました。 (空き家対策特別措置法について、詳しくはこちらの記事をご覧ください) 解体して更地 ...

-空き家売却

Copyright© 空き家活用大辞典 , 2018 AllRights Reserved.