ハウスリースバック

みずほ銀行 リバースモーゲージローン「みずほプライムエイジ」の特徴・評判とは

スポンサードリンク

投稿日:2017年8月8日 更新日:

みずほ銀行の「みずほプライムエイジ」は自宅を担保に入れ自宅に住みながら老後の資金調達が可能なシニア向けの商品です。

使途は自由となっており、セカンドライフを充実させるさまざまな資金に利用が可能です。

今回はみずほ銀行のリバース・モゲージ「みずほプライムエイジ」について詳しくご紹介します。

【要注意】対象年齢に注意しましょう

リバース・モゲージの場合、基本的には55歳以上の方を対象にした商品となっております。
よって「55歳にはなってないが同様のサービスを使いたい」という場合にはハウスリースバックを使うようにしましょう。

商品概要まとめ

借入対象年齢 55歳〜
融資額 フリー口(フリー口の貸越極度額は4,000万円以内)、目的口合算で1,000万円以上2億円以内(100万円単位)、かつ自宅の評価額以内
担保対象の不動産 戸建(土地・建物)・マンション
資金用途 【フリー口】原則自由
【目的口】老人ホームへの入居保証金、自宅購入資金、自宅の増改築・改装資金、入院・医療・介護費用、納税資金等、資金使途があらかじめ確認できる資金
対象エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県県

契約を配偶者へ引き継げる?

みずほ銀行のリバース・モゲージは他行のように契約を配偶者へ引き継げる旨を明確に公式サイト上は記載されていません。

だからといって配偶者に契約を引き継げないというわけではなく、顧客一人一人の状況などを踏まえてケースバイケースで対応しているとのことです。

所有物件の価値や配偶者の年齢などによっても異なるので、みずほ銀行の「みずほプライムエイジ」を利用する際には契約前にしっかりと契約者が亡くなったあとのことまで話し合うことが大切です。

おすすめポイント

みずほ銀行のリバース・モゲージ「みずほプライムエイジ」のおすすめポイントを3つ紹介します。

資金使途が決まっている場合低金利で資金調達が可能

みずほ銀行のリバース・モゲージは、フリー口と目的口と2つの資金使途によって金利が異なります。

フリー口とは、その名の通り資金使途が自由で、老後の資金や旅行代金など自由に利用することができるプランです。

一方目的口とは、有料老人ホームへの入居保証金、自宅の増築・改装費用などあらかじめ資金使途が確認できるものに対応しているプランです。

他行ではフリー口だけが用意されていることが多い中、2つのプランが用意されていることによってあらかじめ資金使途が決まっている人は目的口を選択することでフリー口に比べて安い金利が適用されるのがメリットです。

貸越極度額が高額

みずほ銀行のリバース・モゲージは貸越極度額が1,000万円以上2億円以内と高額の資金調達が可能です。

他行の場合1億円までのところが多いので2億円までとしているみずほ銀行のリバース・モゲージは幅広い方が利用しやすい商品だと言えます。

マンションも対象

みずほ銀行のリバース・モゲージは戸建だけでなくマンションも対象となっています。

地方銀行の場合、リバース・モゲージの対象がマンションは対象外であることも多い中、みずほ銀行は対象エリアが東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県と首都圏に限定していることもありマンションにお住まいの人も多いことを考慮されて利用可能となっています。


利用する際のデメリット

契約を配偶者が引き継げる保証がない

前述したとおり、みずほ銀行のリバース・モゲージは他行と違い、契約者が亡くなったあと契約を配偶者が引き継げるかどうかを明確にしていません。

もちろんみずほ銀行はケースバイケースで対応可能とのことですが、どれくらいの割合が契約を実際に引き継げているのかまでは不明です。

万が一契約を配偶者に引き継げないとなると、契約者本人が亡くなった後残された配偶者は家を出なければならなくなってしまいます。

だから自分の契約が配偶者に引き継ぐことが可能なのかどうかを事前に確認する必要があります。

対象エリアが限定的

みずほ銀行のリバース・モゲージを利用できるのは1都3県にお住まいの方のみです。

他行のリバース・モゲージに比べてもエリアが限定的でその他の地域にお住まいの方はいくら利用したくても利用できないのがデメリットです。

長生きしすぎると融資枠を使い切ってしまうことも

リバース・モゲージは無限にお金を借りられるわけではありません。

予想以上に長生きした場合、生きている間に融資枠を使い切ってしまい、その後の生活が苦しくなってしまうこともあります。

長生きすることはめでたいことですがしっかりとリスクも踏まえたうえで利用することも大切です。

まとめ

老後にゆっくりと念願だった海外旅行に行きたい、自宅をバリアフリーにリフォームして快適に過ごしたい、孫のために教育資金を用意してあげたい、などお金が必要になってくるシーンは多々あると思います。

リバース・モゲージはそんな老後の願いをかなえてくれる商品です。

みずほ銀行の「みずほプライムエイジ」は資金使途が決まっている目的口の場合、フリー口に比べて低金利で借りられるのも魅力です。

老後の資金に悩んでいる方は一度みずほ銀行に相談してみてはいかがでしょうか。

【要注意】対象年齢に注意しましょう

リバース・モゲージの場合、基本的には55歳以上の方を対象にした商品となっております。
よって「55歳にはなってないが同様のサービスを使いたい」という場合にはハウスリースバックを使うようにしましょう。

よく読まれている記事

1
網戸の張替えは業者に依頼する? 自分で行う? 違いを徹底比較

夏になると害虫対策に大活躍する網戸。 張替えてしばらくすると、紫外線や外気の影響で樹脂が傷んで破れやすくなってきます。 穴が開いた網戸では虫やホコリが防げないため、早めに張替えなくてはなりません。 網 ...

2
空き家を購入した際は、排水管のクリーニングを必ず行いましょう

中古住宅を購入してリノベーションする工事も、今やすっかり一般的になりました。 リノベ用の物件として、しばらく空き家だった家を購入する方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ただ、空き家を購入した際は、 ...

3
【要注意!】鳥の巣は勝手に除去しちゃダメ! 正しい撤去方法と費用まとめ

鳥の巣は、わずか10日ほどでできることをご存じでしょうか? 「最近鳴き声がうるさいな」などと思っていると、気が付くと鳥の巣が複数できているケースも珍しくありません。 鳥の巣ができてしまうと、フンや泥な ...

4
空き家解体にかかる費用相場およびトラブルを避ける方法を教えます。

空き家の管理には多くの負担がかかります。空き家対策特別措置法の施行にともない、管理の負担はますます深刻になりました。 (空き家対策特別措置法について、詳しくはこちらの記事をご覧ください) 解体して更地 ...

-ハウスリースバック

Copyright© 空き家活用大辞典 , 2018 AllRights Reserved.