ハウスリースバック

三井住友銀行 リバース・モーゲージの特徴・評判とは

スポンサードリンク

投稿日:2017年8月14日 更新日:

三井住友銀行のリバース・モゲージ型ローンである「SMBCリバースモゲージ」は、持ち家を担保に老後の生活を豊かにするための借入商品です。

三井住友銀行のリバース・モゲージの特徴は資金使途が自由であり、対象エリアが幅広いことです。

さまざまな銀行が提供しているリバース・モゲージですが今回は三井住友銀行の「SMBCリバースモゲージ」について詳しく見ていきます。

【要注意】対象年齢に注意しましょう

リバース・モゲージの場合、基本的には55歳以上の方を対象にした商品となっております。
よって「55歳にはなってないが同様のサービスを使いたい」という場合にはハウスリースバックを使うようにしましょう。

商品概要まとめ

借入対象年齢 契約時の年齢が満60歳以上の方
融資額 契約時の年齢が満60歳以上
担保対象の不動産 自宅の評価額が6,000万円以上の戸建※マンション不可
資金用途 原則自由
対象エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県

契約を配偶者へ引き継げる?

三井住友銀行のリバース・モゲージは契約時に同居する配偶者がいる場合、配偶者が連帯債務者になる必要があります。

だから、契約者が亡くなった後にすぐに自宅を売却する必要はなく、連帯債務者である配偶者が債務を引き継ぐことになるので配偶者が亡くなった後に返済する形になります。

他の銀行のリバース・モゲージでは契約者が亡くなった後配偶者が引き継ぐことができずに売却しなければならなかったり、数年の猶予のうちに出ていかなければならなかったりするケースがあります。

おすすめポイント

三井住友銀行のリバース・モゲージ「SMBCリバースモゲージ」のおすすめポイントを3つ紹介します。

自宅を最大有効活用しゆとりあるシニアライフを送れる

資産価値の高い立派な自宅があっても、預金が少ない場合住む家に困ることはなくてもゆとりあるシニアライフを送るのが難しい場合もあります。

リバース・モゲージは持ち家を最大に有効活用し借入できるので旅行や趣味、子供の結婚資金や孫の教育資金などさまざまな使い道ができます。

銀行によってはリバース・モゲージの資金使途を住宅の購入資金やリフォーム資金、老人ホームへの入居代に限定しているところもある中、三井住友銀行のリバース・モゲージは原則資金使途が自由です。

だから万が一に備えて置いておくということも可能です。

毎月の金利返済がない

リバース・モゲージには利息が発生しますが、銀行によって毎月金利だけ返済していき死後に一括で元金を返済するケースと、金利も借入金に組み入れて元金、金利ともに死後に一括で返済するパターンがあります。

三井住友銀行は後者の元金、金利ともに死後に一括返済する商品ですので毎月の支出が発生することなく老後の資金として活用できるのもメリットです。

対象エリアが広い

多くの銀行のリバース・モゲージは対象エリアを首都圏の一部に限定しています。

しかし、三井住友銀行のリバース・モゲージは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県と首都圏だけでなく、東海、近畿エリアも対象としており幅広い方が利用しやすい商品となっています。


利用する際のデメリット

物件の評価額が6,000万円と高額

三井住友銀行のリバース・モゲージのデメリットは利用条件の一つである物件の評価額が6,000万円以上であることです。

評価額が6,000万円以上となると土地の価格が高い一等地に戸建を所有している方限定となるでしょう。

評価額が高額である自宅を所有している方は老後の生活にもある程度ゆとりがある人が多いともいえ、実際にリバース・モゲージを利用したい層が利用できないという可能性もあります。

資金使途が決まっている場合は他行の方が低金利の場合も

三井住友銀行のリバース・モゲージは資金使途が原則自由であるのがメリットとも言えますが、逆に資金使途として高齢者住宅に入居するための費用というように明確に決まっている人であれば他行のリバース・モゲージの方が低金利で借りられる可能性もあります。

資金使途が決まっていない人や娯楽に利用したい人の場合は良いですが、しっかり使途が決まっている人は低金利で借りられるところを比較した方が良いでしょう。

マンションは利用できない

三井住友銀行のリバース・モゲージは対象エリアが広く幅広い方が利用できる商品であるのにもかかわらず、マンションは不可となっているところが残念なポイントです。

最近では都心の高層マンションなど戸建よりも資産価値の高い物件もあるので利用できないのがデメリットだと言えるでしょう。

まとめ

三井住友銀行のリバース・モゲージ型ローンである「SMBCリバースモゲージ」の他行と違う一番の特徴は首都圏以外のエリアも対象としているところです。

また、資金使途が自由であるのも利用しやすいと言えます。ただし、自宅の評価額が6,000万円以上とかなり門戸が狭いので利用したくても条件に当てはまらない人も多いのではないでしょうか。

  • 首都圏や関西地方の一等地に戸建を所有している方
  • 自由な使い道で老後の資金を借り入れたい方
  • 自分が亡くなった後も配偶者が住み続けられるようにしたい方

このような方は一度三井住友銀行に相談してみてはいかがでしょうか。

【要注意】対象年齢に注意しましょう

リバース・モゲージの場合、基本的には55歳以上の方を対象にした商品となっております。
よって「55歳にはなってないが同様のサービスを使いたい」という場合にはハウスリースバックを使うようにしましょう。

よく読まれている記事

1
網戸の張替えは業者に依頼する? 自分で行う? 違いを徹底比較

夏になると害虫対策に大活躍する網戸。 張替えてしばらくすると、紫外線や外気の影響で樹脂が傷んで破れやすくなってきます。 穴が開いた網戸では虫やホコリが防げないため、早めに張替えなくてはなりません。 網 ...

2
空き家を購入した際は、排水管のクリーニングを必ず行いましょう

中古住宅を購入してリノベーションする工事も、今やすっかり一般的になりました。 リノベ用の物件として、しばらく空き家だった家を購入する方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ただ、空き家を購入した際は、 ...

3
【要注意!】鳥の巣は勝手に除去しちゃダメ! 正しい撤去方法と費用まとめ

鳥の巣は、わずか10日ほどでできることをご存じでしょうか? 「最近鳴き声がうるさいな」などと思っていると、気が付くと鳥の巣が複数できているケースも珍しくありません。 鳥の巣ができてしまうと、フンや泥な ...

4
空き家解体にかかる費用相場およびトラブルを避ける方法を教えます。

空き家の管理には多くの負担がかかります。空き家対策特別措置法の施行にともない、管理の負担はますます深刻になりました。 (空き家対策特別措置法について、詳しくはこちらの記事をご覧ください) 解体して更地 ...

-ハウスリースバック

Copyright© 空き家活用大辞典 , 2018 AllRights Reserved.