ハウスメーカーの評判まとめ

タマホーム株式会社の特徴・評判まとめ【坪単価・評価・展示場まとめ】

スポンサードリンク

投稿日:

大物芸能人を起用したテレビコマーシャルでおなじみのハウスメーカー「タマホーム株式会社」。

いわゆる「ローコスト住宅」の代表格として、短期間で知名度の高い会社へと成長を遂げました。

ただ、その一方で「それほど安く建てられなかった」などという声も。

実際にタマホームで家を建てると、どの程度の費用がかかるのでしょうか?

また、住宅の品質は?

こちらでは、気になるタマホームの特徴や評判をまとめてご紹介していきます。

タマホームのポイントまとめ

会社名 タマホーム株式会社
本社所在地 東京都港区高輪3丁目22番9号 タマホーム本社ビル
対応エリア 沖縄県を除く、全国46都道府県
展示場まとめ ●世田谷支店
〒156-0056
東京都世田谷区八幡山3丁目38番12号
●成城店
〒157-0066
東京都世田谷区成城1-4-1 東宝スタジオ内ABCハウジング東宝成城住宅公園内
●武蔵野店
〒180-0013
東京都武蔵野市西久保3丁目1番25号 武蔵野ハウジング・スクウェア内
年間着工数 10,000棟ほど
平均坪単価 30~50万円

タマホームの特徴

タマホーム株式会社は、1998年に設立されたローコスト系のハウスメーカーです。

みのもんたや木村拓哉といった大物芸能人をテレビコマーシャルに起用し、知名度を上げてきました。

社名の「タマ」は創業者(玉木康裕)の姓に由来しています。

設立当初は福岡県に本社を構えており、徐々に九州各地に支店を開設。

中四国、関西と対応エリアを広げていき、2017年現在では全国46都道府県でサービスを展開するまでに成長しました。

気候が特徴的な沖縄県には直接経営の支店を構えておらず、「タマホーム沖縄株式会社」がサービスを提供しています。

タマホームの坪単価

タマホームの特徴は、何といっても坪単価の安さです。

大手ハウスメーカーでは坪単価が標準で80万円を超えるところもあるので、30~50万円はかなりお手ごろといえるのではないでしょうか。

以前は施工面積にベランダや玄関ポーチまで含め、付帯工事費や諸費用を除いた金額から坪単価を計算して宣伝していたため、悪評が立ったことがありました。

総額を延床面積で割る通常の坪単価に比べ、見かけ上安くなってしまうためです。

ただ、それでも一般的なハウスメーカーに比べるとかなりの安さです。

安いだけでなく標準仕様が充実しているので、オトクといえるのではないでしょうか。

実際に建築を依頼する際は、確認申請や図面作成、仮設工事費用、オール電化申請、諸検査などの費用が別途付加されるので、見積もりの際に総額を確認しておきましょう。

共通部材の大量仕入れや徹底したコスト削減で、この価格を実現しているようです。

その分、標準仕様と異なる設備を入れたり、オプションをつけたりするとかなり割高になります。

タマホームを選ぶならあまりこだわりを強く持たず、標準仕様を優先することをお勧めします。

タマホームのラインナップ

主力製品である「大安心の家」は、長期優良住宅対応の仕様となっており、標準装備でオール電化仕様です。

「大安心の家PREMIUMU」では、さらにファサードやハイ&ワイドサッシを採用しています。

同じ「大安心の家」の中に、省エネ地域区分に対応した「愛」「暖」「大地」をラインナップ。

より低価格な住宅を希望するなら、「木麗な家」という商品がおすすめです。

長期優良住宅非対応で「大安心の家」に比べると標準仕様は劣りますが、手ごろな価格で自由設計の家が手に入ります。

このほかに平屋や屋上緑化が可能なタイプ、和風住宅などのコンセプト住宅もラインナップされています。

タマホームの口コミ・評判

「建てて1年半ですが、今のところ文句の付けようがない出来です。展示場でみたほかのハウスメーカーでは、予算内で希望が実現できませんでした。コストパフォーマンスがよく、よい営業さんに出会えて価格以上の広さと仕上がりになりました」
「工事中に不備があり、完了後に何度も苦情を入れましたが、なかなか対応してもらえなかった。とてもいい加減な対応で、あきれています」
「建材メーカーはバラバラですが、半年たっても特に不具合はありません。ちょっとしたトラブルもすぐに対応してくれて、点検の際も必ず担当者が電話をくれます。頼んでよかったと思っています」

まとめ

ローコスト住宅の代表的な存在であるタマホーム。

コストパフォーマンスのよさでは、他社に引けを取りません。

ただ、以前チラシで掲げていた「坪単価25万円台」といった数字は、計算方法にからくりがあったことがわかっています。

注文する際は、プランのよしあしとともに申請などにかかる諸費用も必ず確認しましょう。

標準仕様が充実している一方で、オプションをつけると料金が跳ね上がるという声が多く見られました。

タマホームを選ぶのなら、できるだけ標準仕様を前提にすることをおすすめします。

ハウスメーカーにはそれぞれ得意分野があるので、特徴を見極めてニーズに合った会社を選択しましょう。

よく読まれている記事

1
網戸の張替えは業者に依頼する? 自分で行う? 違いを徹底比較

夏になると害虫対策に大活躍する網戸。 張替えてしばらくすると、紫外線や外気の影響で樹脂が傷んで破れやすくなってきます。 穴が開いた網戸では虫やホコリが防げないため、早めに張替えなくてはなりません。 網 ...

2
空き家を購入した際は、排水管のクリーニングを必ず行いましょう

中古住宅を購入してリノベーションする工事も、今やすっかり一般的になりました。 リノベ用の物件として、しばらく空き家だった家を購入する方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ただ、空き家を購入した際は、 ...

3
【要注意!】鳥の巣は勝手に除去しちゃダメ! 正しい撤去方法と費用まとめ

鳥の巣は、わずか10日ほどでできることをご存じでしょうか? 「最近鳴き声がうるさいな」などと思っていると、気が付くと鳥の巣が複数できているケースも珍しくありません。 鳥の巣ができてしまうと、フンや泥な ...

4
空き家解体にかかる費用相場およびトラブルを避ける方法を教えます。

空き家の管理には多くの負担がかかります。空き家対策特別措置法の施行にともない、管理の負担はますます深刻になりました。 (空き家対策特別措置法について、詳しくはこちらの記事をご覧ください) 解体して更地 ...

-ハウスメーカーの評判まとめ

Copyright© 空き家活用大辞典 , 2018 AllRights Reserved.