ハウスリースバック

東京スター銀行 リバース・モーゲージの特徴・評判とは

スポンサードリンク

投稿日:2017年8月8日 更新日:

東京スター銀行の「充実人生」は自宅を手放すことなく融資を受けられるシニア層向けの商品です。

借り入れ金は一生涯利用することができ、使った分にしか利息がかからないのが特徴です。

今回は東京スター銀行のリバース・モゲージ「充実人生」についてご紹介します。

【要注意】対象年齢に注意しましょう

リバース・モゲージの場合、基本的には55歳以上の方を対象にした商品となっております。
よって「55歳にはなってないが同様のサービスを使いたい」という場合にはハウスリースバックを使うようにしましょう。

商品概要まとめ

借入対象年齢 55歳〜
融資額 500万円〜1億円
担保対象の不動産 戸建(土地・建物)・マンション
資金用途 原則自由
対象エリア 東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県,北海道,宮城県,兵庫県,福岡県,広島県,愛知県,大阪府,京都府

契約を配偶者へ引き継げる?

東京スター銀行のリバース・モゲージは契約者が亡くなった場合、配偶者が利用条件を満たしていれば引き継ぐことが可能です。

だから、契約者本人がなくなったからといってすぐに自宅を手放さなければならないわけではありません。

つまり、契約者が亡くなったあとも自宅不動産に住み続けることができますし、返済は配偶者が亡くなったあとで良いとされています。

東京スター銀行のリバース・モゲージは契約者の年齢が55歳以上、配偶者の年齢が50歳以上であることが条件となっていますので契約者が亡くなった段階で配偶者の年齢が55歳未満の場合は配偶者が55歳を迎えてから適用される形になります。

返済は配偶者が亡くなってから6カ月後に預貯金・保険・自宅売却代金で返済することになります。

おすすめポイント

東京スター銀行のリバース・モゲージのおすすめポイントを3つ紹介します。

利息は使った分にしかかからない

東京スター銀行のリバース・モゲージは預金連動型なので、預金連動対象預金残高と同額分には利息がかかりません。

どういうことかというと、例えば2,000万円を借入れしたとして、1,000万円は今後の備えのために口座へ預金しておいて、残りの1,000万円は生活資金やリフォーム代などに使った場合、口座に預金している1,000万円には利息が発生しないということです。

融資資金は普通預金口座に入金されるのでその口座からお金を引き出さない限り利息はかからないことになります。

利息がかからないので病気をした際や万が一の不測の事態に備えて手つかずのまま預金口座においておくこともでき安心できます。

利用条件が他行に比べて緩い

東京スター銀行のリバース・モゲージ利用条件は契約者の年齢が55歳以上となっています。

他行の場合60歳~65歳くらいからを条件にしているところが多いので55歳から利用できるのはメリットであると言えます。

そして安定した年収が120万円以上の方であれば利用できるので年金を含めた月収が10万円以上となれば厳しい条件ではないと言えます。

マンションも対象

リバース・モゲージは条件として対象不動産が戸建であることが条件とされていることが多いです。

東京スター銀行のリバース・モゲージは条件があるもののマンションにお住まいの方でも対象となります。

戸建でないからと諦めていた方も利用できるチャンスがあるのが東京スター銀行のおすすめポイントです。


利用する際のデメリット

不動産の価値が低いと借りられない

リバース・モゲージは今住んでいる自宅を担保にお金を借りる仕組みです。

だから住んでいる自宅の不動産価値が低ければ当然ですが融資を受けることができません。

リバース・モゲージは一般的に不動産評価額の50%程度の借入が出来ると言われています。

つまり不動産の価値が低ければその50%程度の融資しか受けられず老後の蓄えにもならない場合もあります。

借り入れ残高が極度額を上回った場合超えた部分を返済しなければならない

東京スター銀行のリバース・モゲージの融資極度額は年に1回見直しがあります。

見直し後の評価額が前年度の評価額を下回る場合、融資極度額を担保評価額と同額まで減らされてしまうケースがあります。

その場合、借り入れ残高が極度額を上回った場合は、超えた金額について1年以内に一括または分割で返済しなければならず、資金計画が狂ってしまう可能性もあります。

子供と一緒に住んでいる家は利用できない

東京スター銀行のリバース・モゲージ利用条件に「単身またはご夫婦でお住まいの方」とあります。

つまり、一人暮らしまたは夫婦二人で住んでいる家が対象となります。

同居している子供がいる場合は契約者の死後、住む自宅を奪うことになってしまうのでリバース・モゲージは利用できません。

まとめ

リバース・モゲージは老後余裕をもって生活できるように考えられた高齢化社会のニーズをくみ取った商品ですが正しい知識で利用することが必要です。

  • 不動産はあるが生活資金が不足している人
  • 続させたい人がいない人
  • 自宅を手放さずに老人ホームへの入居を考えている人
  • 今あるローンを一旦清算したい方

このような方は一度東京スター銀行へ相談してみてはいかがでしょうか。

【要注意】対象年齢に注意しましょう

リバース・モゲージの場合、基本的には55歳以上の方を対象にした商品となっております。
よって「55歳にはなってないが同様のサービスを使いたい」という場合にはハウスリースバックを使うようにしましょう。

よく読まれている記事

1
網戸の張替えは業者に依頼する? 自分で行う? 違いを徹底比較

夏になると害虫対策に大活躍する網戸。 張替えてしばらくすると、紫外線や外気の影響で樹脂が傷んで破れやすくなってきます。 穴が開いた網戸では虫やホコリが防げないため、早めに張替えなくてはなりません。 網 ...

2
空き家を購入した際は、排水管のクリーニングを必ず行いましょう

中古住宅を購入してリノベーションする工事も、今やすっかり一般的になりました。 リノベ用の物件として、しばらく空き家だった家を購入する方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ただ、空き家を購入した際は、 ...

3
【要注意!】鳥の巣は勝手に除去しちゃダメ! 正しい撤去方法と費用まとめ

鳥の巣は、わずか10日ほどでできることをご存じでしょうか? 「最近鳴き声がうるさいな」などと思っていると、気が付くと鳥の巣が複数できているケースも珍しくありません。 鳥の巣ができてしまうと、フンや泥な ...

4
空き家解体にかかる費用相場およびトラブルを避ける方法を教えます。

空き家の管理には多くの負担がかかります。空き家対策特別措置法の施行にともない、管理の負担はますます深刻になりました。 (空き家対策特別措置法について、詳しくはこちらの記事をご覧ください) 解体して更地 ...

-ハウスリースバック

Copyright© 空き家活用大辞典 , 2018 AllRights Reserved.